月山クリニック

MENU

ペインクリニック外来

ペインクリニック外来とは?

ペインクリニック外来とは?

ペインクリニックとは、病気や外傷などによって持続的に生じる痛みを投薬やブロック注射などによってコントロールする治療です。当クリニックでは、硬膜外ブロックや仙骨ブロックなどの神経ブロック注射やトリガーポイントブロック注射などを行っております。

TVCMなどで神経障害疼痛(神経痛)が取り上げられていますが、痛みにも種類があります。当クリニックでは痛みの種類に対応した投薬治療を行い、適切な痛みの緩和を行っております。

「長期間痛みで苦しんでいる」「色々してみたが痛みがあって辛い」などお困りの方は、お気軽にご相談ください。

神経ブロック注射とは?

神経ブロック注射とは?

神経ブロック注射とは、症状に関与している神経や組織に局所麻酔薬を注射することで症状を緩和させたり周囲の血行を改善させたりする治療です。1回の治療で効果が乏しくても、神経ブロック注射を繰り返し行うことで痛みなどの症状を徐々に軽減させることができます。投薬治療と比べて局所的に高い効果を発揮させることができます。神経ブロック注射は保険適用をなります。

硬膜外ブロック

脊椎(背骨のこと)の中には脊柱管という骨のトンネルがあり、そのトンネルの中を脊髄といわれる脳と体をつなぐ神経が走行しています。
脊髄は硬膜という丈夫な膜で覆われています。この硬膜のまわりに注射することで、下肢痛などの症状を緩和します。

仙骨ブロック

骨盤を形成している仙骨という骨があり、脊柱管につながる穴が開いています。その穴より脊柱管内に注射することで下肢痛などの症状を緩和します。

緩和効果が期待できる主な症状
  • 足の痛み・しびれ

トリガーポイントブロック注射とは?

肩こりや腰痛などの疾患で、外部から力を加えると痛みが生じる部分を「トリガーポイント」と言います。その部分に局所麻酔薬を注射することで、筋肉の緊張をほぐしたり、血行を促進したりすることができます。

緩和効果が期待できる主な症状
  • 腰の痛み
  • 肩の痛み
  • 首の痛み

慢性疼痛のメカニズム

慢性疼痛は「痛みを学習する」もの

慢性疼痛のメカニズムはすべて判明しているわけではありませんが、抽象的な言い方をするとそれは「痛みを学習する」「痛みを覚える」ものだと言えます。神経は同じ刺激を受け続けると強化される、つまり伝えやすくなるものなのです。

これは勉強と同じで、1つの内容を繰り返し勉強し続けるうちに記憶が定着して覚えられるようになります。またスポーツでも、最初はフォームが定まらなくても、何回も練習するうちに理想的なフォームでボールを投げたり、走ったりできるようになります。

刺激を受け続けると痛みを感じやすくなる

膝をぶつけた時に痛みを感じるのは、神経を伝って脳に信号が届けられるからです。ただし、神経はある一定以上の刺激を受けないとそれを伝えません。例えば刺激の合計が8だったとすると刺激不足で信号を伝えないが、それが10だと伝えるということが起こるのです。

では、そのハードルが下がったらどうなるのでしょうか?刺激の合計が8でも信号を伝えやすくなるのです。つまりそれは、本来であれば感じなかったはずの痛みを感じやすくなる、あるいは、痛みをより強く感じやすくなるというわけなのです。

同じ刺激を受け続けることで伝わりやすくなる

患者さんの中にはお薬やブロック注射による痛みの緩和に対して、「一時的な治療」「根本的な治療ではない」とお考えの方もおられますが、慢性疼痛のメカニズムから考えるとこれは正しい理解の仕方とは言えません。

痛みは早く鎮静化しないと、痛みの刺激を受け続けることで神経同士の繋がりが強化されて、痛みが伝わりやすくなってしまいます。これを「長期増強効果」といいます。膝に痛みがあったとして、それが長期化すると痛みが伝わりやすくなり、軽度の症状でも痛みが続くようになる場合があるのです。

痛みを我慢することに何も意味はない

上記のような状態になってから改善しようとすると、とても時間がかかってしまいます。ですので、痛みは初期のうちに抑えて楽にした方が良いのです。お薬やブロック注射による痛みの緩和が一時的な治療、対症療法的な治療であったとしても、まずは痛みを抑えることが肝心です。よく患者さんには「痛みを我慢することに何も意味はありません」とお伝えしています。痛みを長続きさせないためにも、我慢せずに、お早めに当クリニックへご相談ください。

top